2018.05.09 #TANNO

JTU認定記録会 石川県会場 レースレポート

スイム 400m: 4分44秒23 \ ラン 5000m:18分16秒93 \ 合計タイム(スイム×2+ラン): 27分45秒39 6級

4月30日(月)にJTU認定記録会に参加してきた。目標はスイム4分38秒、ラン17分58秒でエリート強化C指定選手の認定基準である5.5級以上を取ること。

結果はスイム4分44秒23、ラン18分16秒93と目標タイムには及ばす5.5級を取ることもできなかった。


スイム

目標:4分38秒 → 結果:4分44秒23

自分のベストタイムは去年の8月に長野会場で出した4分40秒4。この頃は練習中に400mハードを4分47秒で泳いでいた。今年に入ってから練習中でも4分45秒で泳げていた時があったので、今回は4分38秒を目標にした。400mの泳ぎ方は前半ラクに速く泳ぎ、後半からスピードを上げていくイメージ。

スタートし、イメージ通りの泳ぎができている。ラストまでフォームが乱れることもなかったので、最後壁をタッチし、ベストくらいで泳げた!と思ったが…残念ながら思った通りのタイムではなかった。

最近の練習ではインターバルトレーニングの時、100mでは2~3秒、200mは5秒くらい遅く、練習の調子が良くない日が続いていた。それがタイムの出なかった原因だと思う。


ラン

目標:17分58秒 → 結果:18分16秒93

3月初めに10kmを37分18秒で走れたので、このタイムをジャック・ダニエルズのランニング計算式に入力すると、5kmは17分58秒で走れるという結果が算出された。

また、強化指定選手の認定基準である5.5級のランタイムも17分58秒なので、そのタイムを目標とした。最初の1kmは少し速めに走る感覚で3分33秒で入り、中盤の3kmはあまりタイムを落とさずイーブンペースで3分35秒/kをキープ、ラスト1kmはスパートする計画で5kmに挑む。

スタートして1kmは計画通り3分33秒。中盤の3kmはタイムをあまり落とさないようリラックスして走る。段々ときつい感覚が出てきて、この区間の2km過ぎから心拍はとてもきつくなってきて、ペースが少し落ちた。4km時点で14分35秒と聴こえ、この状況では残り1kmを3分23秒で走るのはちょっと厳しい…。目標タイムには届かないかもしれないが、諦めず最後まで耐えて、失速することなく走り終えた。

以前までは最初の1kmを速く走り過ぎ中盤から最後まで失速していたけれど、今回はそこまで失速しなかったのはしっかりとタイムマネジメントができていたから。TraingPeaksのデータから(上部リンク参照)も、ペースのばらつきを表すVI(Variability Index)=1.0とペースマネジメントができていたことが分かる。今回ベストタイムを1秒短縮することができたが、目標タイムには及ばなかった。


 

強化指定選手に認定されるための1つの手段として、認定記録会に3回挑戦してきたが、残念ながら目標達成はできなかった。パフォーマンスも気持ちもかなり上がってきていることを実感してはいるが、まだ結果に表れていない点は今シーズンを通して向き合っていきたい。

トライアスロンのレースが5月末から始まるので、これからはレースでの結果で目標を達成できるよう挑戦し続けたい。引き続き応援をよろしくお願いします。

back