2019.06.05 #TOHARA

第24回関東トライアスロン選手権大会 レースレポート

記録:1時間50分18秒(スイム 21分59秒/バイク 54分31秒/ラン 33分04秒)

エリート男子:10位

先日5/26の潮来トライアスロンに続き、今週もショートのレースである関東選手権を走ってきました。

関東選手権は埼玉県の渡良瀬遊水地で開催されるけれど、ここで大会を走るのは学生の時以来・・・。当時は水質が悪いことで有名だったけれど、現在はだいぶ改善されていると感じたね。

この大会は毎年秋にお台場で開催されている日本選手権の予選だけど、ショートは国体の為に活動しているので、出場の意志はなく、ドラフティングレースをシーズンの早い時期に走っておきたいと感じ出場を決めた。また、例年よりレースのレベルが高く、エリート選手が多数出場すると聞いていたこともありこの大会を選んだ。近場で手軽に参加できる関東選手権は良い機会だ。

そんな訳でリラックスしてスイムスタートを迎える。

 

スイム(1500m2周回) 2159

比較的早い順番でコールを呼ばれたので、一番内側の2列目に陣とる。

スタートして前列の小原選手に着いていこうと頑張る。まぁ予想通りついては行けない。そしてインに選手が多数入ってきて、行き場がなくコースロープと腕が絡まる。おぉ・・・だいぶポジションを下げてしまった。おまけにバトルの衝撃でゴーグルに水が入ってきて、ロングの癖で水抜きをしてしまった。ショートは第一ブイまで全開なのに、そんなことしてる場合ではなかった。

ポジションを大きく下げた後、これはまずいとやっと気づき、集中して追撃する。大きな集団までは容易に追いついて2周目に入ると、なぜか横に来た選手がずっと自分を妨害してくる。う〜ん・・・それはまぁここで書くことじゃないので割愛して・・・その後スイムは一度追いついた集団から40秒も離されてしまった。

 

バイク(40km5周回) 5431

トランジットで場所を勘違いして彷徨った後、バイクに乗車して前を追う。しかしいきなりコーナーでオーバーラン。コースを外れ、石のブロックにボコボコ乗り上げて落車すると思ったけれど、なんとか体制を立て直した。おお、ツイてるな。

少し遅れたけれど自分のいた集団まですぐに追いついて、何人か回収しながら前を追う。
前の集団とは少しずつ詰まるものの、先頭集団とは徐々にタイム差が広がっていく。

集団を引きながら20キロくらい消化して、士気も低下していく。このまま走ってもただの単独走の練習にしかならないから、ここからは集団を上手く使う練習だと思って、後続の選手にローテーションを促す。しかし、ここまで20キロ近く後ろ付き位置の集団が機能するわけもなく、数人がローテーションに加わるも速度の加減速が大きく、中々速くはならない。ああ、ドラフティングレースは難しい。スイムフィニッシュ位置が最低だった自分が悪い。まぁ今さらどうしようもないので、集団を鼓舞するよう声をかける。作戦はみんな頑張れだ。ベホイミ!

ラスト5キロで前の集団と10秒差くらいになったので、集団を置いて一人でアタックしてブリッジする。これ国体へ向けて試したかったんだよね。無事一人で前の集団に追いついたものの、フィニッシュが近いからか、ペースが遅く、後ろから自分のいた集団も結局追いついてきた。残り僅かなので意味ないけど、せっかくの機会なのでアタックをやってみる。逃げる気はないのですぐつかまってトランジットへ。

 

ラン(10km4周回) 334

トランジットを終えて、重たい足を引きずって走り出すと、前方に見覚えのあるアフロの選手が走っている。あれは以前所属していたベルマーレの後輩、田中選手じゃないか。ゴールまで走るモチベーションがあまりなかったけれど、田中選手と走るのは面白そうだと感じ着いていく。

ペースは自分にはちょっと速く感じた。キツイキツイ。

1周は着いていくけれど、残り3周このペースはしんどい。先輩はもう駄目だ。田中選手は快走しているので、お別れの挨拶と激励の言葉を心の中で送って私は千切れる。とはいえ久しぶりに後輩選手と一緒に走れたことがモチベーションになり、最後まで頑張ろうと前向きになり、フィニッシュまでしっかり走った。

ロングへ向けたトレーニングの中で、バイクを漕ぎ続けた後でも、とりあえずまともに走れるので、ランは心配してはいない。ショートに向けて集中すれば自分のバイクとランは国体本番でも武器にはなるとは思うけれど、スイムはかなり心配要素だ。特に今日のスイムは最低だった。バイクの強い選手たちはスイム上位に固まっているので、一人での追走はとても難しく、自分もそこで上陸しないと非常に苦しい展開を強いられる。

これからスイムを強化し、バイクで節約、あるいは攻撃をしてランをしっかり走れる。自分の理想とする展開にする為にトレーニングに励みたい。茨城国体本番は必ずやってやるぞ!

次戦は重要なIRONMAN SWISSだけれど、スイムは最重要課題として取り組みたい。

 

ZOHNのチームメイトのエリカ選手が優勝!!おめでとう!
戸原は頭が上がらないので小さくなります(笑)

back