2018.08.31

コイケンコーチの夏のトレーニング振り返り

みなさん、ご無沙汰しています。

久々の投稿になりますが、今回は自分自身の夏場のトレーニングの振り返りをお伝えしたいと思います。7月中旬から実施してきた週次のトレーニング結果は下記の表の通り。

Week
0716-0722
0723-0729
0730-0805
0806-0812
0813-0819
0820-0826
TSS
594
818
612
783
1079
377
Hour
09h38
14h16
10h46
12h51
18h20
5h53
Swim
3243m
7087m
3965m
6622m
7727m
1500m
Bike
179km
233km
194km
174km
338km
86km
Run
31km
53.6km
30km
49.1km
53.8km
30.5km

現時点の年間レース計画は、九十九里トライアスロン/ミドル(9月)、IRONMAN70.3上海(10月)にエントリーしており、ミドルのレースで4h20m切りがターゲットタイム。4h20mに必要なタイムの内訳は、スイム0h26m /バイク2h20m /ラン1h25m /トランジション0h5mになる。

この期間のトレーニングテーマは、それぞれ次の通り考えて進めてきた。

スイム:少しでも泳ぐ。頻度の確保。泳げる回数時間も一番少ないのでレースペースかそれ以上の強度が基本。

バイク:一番の強化ポイント。ミドル・ロングレースでは、私の中ではいかにバイクで貯金を作れるかがテーマ。FTP(※1270wの向上。ロングライド、レースペース以上の強度を各1/週は実施。

ラン:暑さが一番こたえる種目だが、こちらもスイム同様に小まめに継続すること。ロングジョグ、レースペースの強度を各1/週は実施。

また期間中は、パフォーマンス向上の進捗確認も兼ねたトレーニングとしてバイクの個人TT、バイクランのデュアスロントレーニングを行なっている。経過は次の表の通りだが、タイムからも概ね向上してきていることがわかる。

BIKE 17k TT
DATE
Time
NP(※2
IF(※3
8/11
26m38
276w
1.01
8/15
26m36
310w
1.13
8/21
25m49
301w
1.10
8/28
26m00
293w
1.07

 

DUA B19kR5k
DATE
Total
BIKE(Time/NP/IF)
Transition
RUN
7/27
49m51
31m12/ 271w/ 0.99
0m19
18m21
8/4
51m16
31m10/ 266w/ 0.97
0m23
19m43
8/23
49m14
30m43/ 279w/ 1.02
0m11
18m31

 

この期間を振り返ると下記の3点のおかげで、充実したトレーニングを積むことができた。

 ・夏季休暇の活用

 ・ご近所トライアスリートの高いモチベーション

 ・早朝時間を活用

レース当日に思う存分楽しめるよう、引き続き周りのモチベショーションや早朝時間をうまく活用しトレーニングを継続していきたい。

1 FTP(Functional Threshold Power):1時間最大努力で出せる平均パワー。持久的能力の指標とされる。
2 NP(Normalized Power):標準化パワー。コースの特徴(アップダウン)や環境の変化を差し引いて出したある区間の平均的な出力。
3 IF(Intensity Factor):FTPに対するNPの割合。1.0に近づくにつれ強度が上がり1.0を越えると長時間の継続が困難になる。